トップ

セラミックで歯科治療

歯科治療で使われるもの

歯科治療におけるインレー

歯科での治療に良く用いられる方法にインレーがあります。わかりやすくいうと歯の詰め物のことで、歯の神経を残すことが出来る虫歯治療などにおいて多く使用される治療方法です。銀歯によるインレーが一般的ですが、最近では見た目を重視する傾向にあり、様々な素材が使用されるようになって来ています。その代表的なものがセラミックスです。セラミックは天然の歯に近い見た目で、丈夫で汚れがつきにくいという特徴があります。歯科でセラミックを選択する場合には自由診療になります。そのため、費用の全額を自分で負担することになるので料金は高くなります。

セラミックインレーの特徴

歯科で使用されるインレーとは奥歯の虫歯を治療する際に歯を削ってから歯形を取って作る詰め物の事をいい、保険診療においては一般的に銀歯が使用されています。奥歯は食事の際にものを噛む力が強く加わるため強い強度が必要とされていましたが、近年主流とありつつあるセラミックを使用した「セラミックインレー」は白く透明感のある材料で治療することができるので自然の歯の色との馴染みも良く治療後には白く綺麗な歯に仕上がることや、劣化しないセラミックを使用することで歯との隙間に食べ物が入り込むことがなく虫歯になりにくい等のメリットがあり歯科治療でも注目されています。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科治療で使われるもの. All rights reserved.